WiMAX2+は…。

モバイルルーターに関してリサーチしていると、頻繁に目にするのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。よく見ると、40000円に迫るくらいの高額なキャッシュバックを行なっているところも見られます。
キャッシュバックが予定されている日よりも前に「契約を解除する」ことになると、現金は100パーセント受け取れなくなりますので、キャッシュバックについては、ちゃんと頭に入れておくことが不可欠です。
モバイルルーターを見れば多種多様な機種が販売されていますが、その中でも注目度ランキングで、常時上位に入ってくるのがWiMAXです。その他のルーターと比較しても回線速度が速いし、ヘビーユーザーに使っていただきたい一品ですね。
Yモバイルもしくはdocomoに規定されている速度制限が掛かることになりますと、下り速度が128kbpsにまで落とされることになりますが、この速度ということになりますと、ちょっとコンテンツの多いサイトのTOPページを開くというだけで、20秒程度は必要でしょう。
高速モバイル通信として支持されているWiMAX2+(ハイスピードモード)というのは、速度制限が実施されても下り速度が1~6Mbpsはありますので、YouToubeの動画くらいは楽しめる速度で利用可能です。

docomoやY!mobile(Yモバイル)だとしたら、3日間で1GBという容量をオーバーしますと、しばらくの間速度制限が実施されますが、WiMAX(ノーリミットモード)なら、そういった制限はないのです。
具体的にY!モバイルとWiMAXという2機種のモバイルWiFiのレンタルルーターの速度や1か月間の料金などを比較してみましたが、上位機種における下り最大速度以外の概ねの項目で、WiMAXの方が優れていることが分かりました。
現在の4Gというのは正式な4Gの規格とは異なるもので、日本国内ではまだ開始されていないモバイル通信サービスということになります。その4Gの正式な販売開始までの繋ぎとしてスタートしたのがLTEになります。
私がおすすめするプロバイダーは、キャッシュバックを4万円に達しそうな金額に設定しているので、モバイルWiFiのレンタルの月額料金が他のプロバイダーと比較して高額だとしても、「きちんと金額を弾いてみると低料金だ」ということがあり得るというわけです。
WiMAXが利用できるかどうかは、UQコミュニケーションズが一般に提供している「サービスエリアマップ」を確認すれば判断できると思います。特定の区域については、「ピンポイントエリア判定」を実施すればいいでしょう。

人気を博しているWiMAXが欲しいという人は大勢いらっしゃるでしょうが、「WiMAXとWiMAX2+にはどんな違いがあるのかが理解できていない状態だ」という人に向けて、その違いを詳述します。
モバイルWiFiのレンタルルーターというのは、契約年数とひと月の料金、それから速度を比較して選定するのが大切な点になります。一方で使用するシーンを予想して、サービスエリアを把握しておくことも重要となります。
LTEについては、これまで主流だった3Gを「長期的に進化させたもの」という意味で名付けられた通信規格で、このあと登場してくるはずの4Gへの変更を円滑にするためのものです。それもあって、「3.9G」と呼ばれることが通例です。
WiMAX2+は、平成25年に市場に投入されたモバイル通信サービスなのです。それまで主流だったWiMAXと比べましても、通信速度などが格段に進展し、著名なプロバイダーが一歩先行くWiMAXとして、一生懸命販売しているのです。
「GMOとくとくBB」という屋号のプロバイダーは、ダントツのキャッシュバックキャンペーンを打ち出していますが、お金をミスなくその手に掴む為にも、「キャッシュバック準備完了メール」が受信できるようにメール設定しておきたいものです。

コメント

コメントする