国内でWiFiレンタルを長期間やってみた|WiMAXが使えるかどうかは…。

「ポケットWiFiのレンタル」と言いますのは、ソフトバンクのY!モバイルという通信ブランドが提供しているモバイルWiFiのレンタルのことであって、はっきり申しましてどこにいようともネット可能なモバイル端末全体を指すものではないのです。
「WiMAXを買うつもりでいるけど、通信サービス可能エリア内かどうか不安がある。」と思う方は、15日間の無料お試し期間があるので、その無料期間を活用して、日々の生活で使用してみるといいのではないでしょうか?
「速度制限なし」と謳っているのはWiMAXだけというイメージをお持ちかと思いますが、Y!モバイルにも通信方式を選ぶことで、速度制限に見舞われることなく使用可能な「アドバンスモード」と称されるプランがあるのです。
当HPでは、「モバイル通信が可能なエリアが広いモバイルルーターがいい!」とおっしゃる方に役立てていただく為に、通信会社一社一社の通信サービス可能エリアの広さをランキングの形でご紹介させていただいております。
LTEに匹敵する高速モバイル通信が適うWiMAXという通信規格も人気です。総じてノート型PCなどで使用するという人が多く、「時と場所を選ばず高速WiFi通信ができる!」というのが訴求ポイントだと言えます。

具体的にWiMAXとY!モバイルという2種類のモバイルWiFiのレンタルルーターの速度や一ヶ月の料金などを比較してみましたが、上位機種においての下り最大速度を除外しただいたいの項目で、WiMAXの方が秀でていることが把握できました。
スマホで利用しているLTE回線と形式的に異なっているのは、スマホは本体自身が直接的に電波を受信するのに対し、WiMAX2+はモバイルWiFiのレンタルルーターという機器により電波を受信するという部分でしょう。
WiMAXが使えるかどうかは、UQコミュニケーションズがネットに掲載している「サービスエリアマップ」を利用すれば判定可能です。怪しい時については、「ピンポイントエリア判定」をやってみれば判断できます。
現時点ではWiMAX2+の回線エリアになっていないといった人も、現段階でラインナップされているWiFiルーターを使用すれば、従来のWiMAXにも接続できますし、月額1055円は必要ですがオプション料金を払うことにすれば、「au 4G LTE」にも接続することができます。
ポケットWiFiのレンタルという名はソフトバンクの商標ではあるのですが、大体「3Gとか4G回線を経由してモバイル通信をする」という時に必要とされる「手のひらサイズ」のWiFiルーターのことを意味すると考えていいでしょう。

Y!モバイルのポケットWiFiのレンタルを今回初めて利用してみたけれど、今まで愛用していた大体一緒のサービスを展開している同業他社のものと比べても、通信品質などの面はまった全く同水準かそれ以上だというふうに思いました。
DoCoMoだったりY!mobile(Yモバイル)において規定されている「3日間で1GB」という制限ですが、1GBと申しますとPCなどで動画を視聴しますと、およそ2時間で達してしまい、瞬く間に速度制限が掛かります。
キャッシュバックが為されるより前に「契約を解約する」ということになると、お金は全然受け取れなくなりますので、キャッシュバック規定に関しましては、ちゃんと把握しておくことが不可欠です。
WiMAXは果たして料金が割安だと言えるのか?所有のメリットや意識すべき事項を整理し、人気の格安SIM等とも比較した上で、「確実に安いのか?」についてレクチャーしたいと思います。
私がよく知るプロバイダーは、キャッシュバックを4万円に届きそうな額に設定しているので、モバイルWiFiのレンタル自体の月額料金がそこそこ高めでも、「総計してみると決して高くない」ということがあるわけです。

コメント

コメントする